就活スタートアップセミナー「就活LIVE 0(ZERO)」@就職AGT九州

DSC05311
1月16日、今年最後の「就活LIVE 0(ZERO)」を開催。
就職AGT九州から、セミナーのご依頼をいただき講師を担当。僕が話す内容は、制限なく「自由」という条件で。

今回は、理系限定のイベント。様々な大学の理系学生に会うことができて嬉しかった。
ただ、持ち時間40分間だったので、伝えたいことを全て話す時間がなくて申し訳なかった。(通常90分間の内容なので)

最近、理系学生からは「技術面接」の質問が多い。
「技術面接の対策はどうしたらいいですか?どんな事を聞かれますか?プレゼン資料はどんな風に作成したらいいですか?」

理系学生が就職活動において、避けては通れないのが「技術面接」。
「技術面接」にもポイントがある。そして、多くの理系学生がポイントを勘違いしている。
アピールできる材料はあるのに、アピールできていない人ばかり。本当に「もったいない」。

「技術面接のポイントは何か?」間違っている人が多い。実は、凄くシンプルなのに。
「就活LIVE」では「技術面接」のポイントも話す。「レギュラーコース」以上に申し込んでいる人は、「就活LIVE」の受講に加えて、僕の個人コンサルが受けられる。
より深く個別にアドバイスができるから、かなり価値があると思うよ。僕自身、学生時代、「技術面接」の極意も誰よりも追及したので。

10月から開始した「就活LIVE 0(ZERO)」九州・関西ツアーも全て終了。後は、本編「就活LIVE」を残すのみ。

残り約1ヶ月。いよいよ大詰め。最高のイベントに仕上げよう。

<GLROWS OFFICIAL WEBSITE>
http://glrows.com/
<就活LIVE 2017 詳細・お申込はこちら>
http://clickent.co.jp/live/

就活スタートアップセミナー「就活LIVE 0(ZERO)」@北九州市立大学

DSC05280
1月13日、北九州市立大学(ひびきの)でセミナー開催。
「就活LIVE」の「早割特価」申込締切「2016年1月15日(金)」の直前。「就活LIVE 0(ZERO)」九州ツアーもいよいよ終盤。11月の頃に比べると、学生も本格的に就活を始めている。

今回は「ひびきのキャンパス」、全員理系の学生。
前回の「北方キャンパス」、文系の学生とは雰囲気が全く違う。僕も九工大出身なので、全員理系という環境が懐かしい。

6年前、母校の九工大で就活支援を始めたきっかけは、「もったいない」後輩が多いと感じたから。
僕より、頭が良い人、能力がある人、たくさんいる。でも、うまく「自己理解」、「自己表現」ができていないから、結果に結びつかない。
特に、理系の学生は「自己表現」が苦手な人が多い。昔の僕と同じように。

少し意識するだけで、全然違う。
「僕なら○○するのに」、「○○すれば、もっと良くなるのに」と、いつも思う。「もったいない」なと。
後輩から「大したエピソードがなくて・・・」と相談されるが、話を聞いてると、使えるネタがドンドン出てくる。
むしろ、そのネタ、僕が就活生のとき欲しかったと思うほど(笑)

3年前、九工大だけの就活支援から、九州全域の大学へ活動を拡大。
1つの大学だけより、多くの大学を混ぜた方が学びが深まる、そう思って、全大学対象の「就活LIVE」を始めた。

大学、学部、学科が違えば、個性、価値観、雰囲気が違う。理系と文系、異文化が交じり合ってこそ、真の気付きと学びが生まれる。

「就活LIVE」では、今まで体験したことのない「学び」を感じて欲しい。

<就活LIVE 0(ZERO) 九州ツアー>
11月9日 10:30-12:00 九州工業大学(戸畑)
11月10日 18:30-19:30 九州工業大学(飯塚)
11月18日 10:40-12:10 北九州市立大学(北方) ※第一回
11月18日 13:00-14:30 北九州市立大学(北方) ※第二回
11月25日 14:40-16:10 佐賀大学(本庄) ※第一回
12月20日 13:00-14:30 佐賀大学(本庄) ※第二回
12月21日 16:20-17:50 福岡大学
1月13日 14:30-16:00 北九州市立大学(ひびきの)
1月16日 12:00-12:45 合同開催(九州大学、九州工業大学など)
※日程調整中
西南学院大学、福岡工業大学、九州産業大学

<GLROWS OFFICIAL WEBSITE>
http://glrows.com/
<就活LIVE 2017 詳細・お申込はこちら>
http://clickent.co.jp/live/

就活LIVE 2017 早割特価ノ申込締切迫ル

就活LIVE2017早割締切
2016年1月15日(金)、就活LIVEの「早割特価」の申込締切。
「早割特価」は赤字覚悟のボランティア価格。例えば、就活LIVEのみ参加できるシンプルコースは「早割特価6,000円」。
パーティ会費(食事・お酒)5,000円を含むので、セミナー会費は実質1,000円。正直、安過ぎる。

就活LIVEの会費が「高い」と勘違いしている学生さんが多いが、本当に「高い」のか?
世の中に溢れている就活セミナーは「無料」なものが多いから、多くの学生さんが勘違いするのも理解できる。

でも、よく考えて欲しい。なぜ「無料」なのか?会場費、広告費、人件費、その他の経費、・・・誰がお金を払っているのか?誰がお客様なのか?
その答えは、「採用に困っている中小企業、ベンチャー企業」。

就活支援業者は、企業からお金をもらい、学生さんを無料、安価で招待し、出資企業の採用に繋がる就活セミナーを開催する。
そのセミナーを通じて、出資企業が学生さんを採用できた場合、別途、成果報酬を徴収する就活支援業者も多い。
これが、就活ビジネスの裏側。よくあるビジネスモデル。学生さんが「無料」である理由。

就活支援業者が主催している就活セミナーで、「大企業を目指そう!大企業から内定がもらえる秘訣を伝授!!」なんてものは、一つもないだろ?その理由は明白。大企業は出資していないから。
だから、セミナー講師には、出資企業である「採用に困っている中小企業、ベンチャー企業」に、学生さんが振り向くような話をする義務が発生する。
ビジネスとしては間違っていない。お金を払っているお客様の要望に応えるのが、就活支援業者の勤め。
ただ、僕は、この「やり方」が好きではない。

誤解して欲しくないのは、僕は中小企業、ベンチャー企業も良い選択だと本心から思ってる。ただ、大企業も当然良い。それぞれの良さがある。
どの企業が自分に合っているのかは、就活支援業者に誘導されるのではなく、学生本人が、自分で考えて決断して欲しい。

フラットな立場で、本音で就活のリアルを伝えたい、話す内容が曇らないように、制限がでないように、スポンサー企業(出資企業)を付けずにやろう、そんな想いで、僕は個人で就活セミナーを4年前に始めた。
新時代を担う若い人達に、就活のノウハウを、裏側を、真実を赤裸々に伝えるために。

スポンサー企業(出資企業)を付けていないからこそ、当然ながら、就活LIVEを開催するためには、学生さんから会費をいただくしかない。全ての経費を、僕一人では賄いきれない。

断言する。ここまで、本音で就活の全てを語っている就活セミナーは他には絶対ない。
日本一価値のある「就活ノウハウ」を知りたい人、今すぐお申込を。

<就活LIVE 2017 詳細・お申込はこちら>
http://clickent.co.jp/live/
※「2016.1.15」までの「早割特価」がオススメです。
※全コースの参加会費にはパーティ会費(5,000円相当)を含みます。

毎年、僕の自己負担額も増えてきている。正直、来年も開催できるかは分からない。参加希望者は、学年問わず今年参加して欲しい。

会場で皆に会えることを楽しみにしている。